焦ると後悔する?女性が結婚で失敗しないために注意すべきことは?

周りの友人たちが次々と結婚を決め、話題が家族や子供のことになっていることに気づくと未婚女性は誰でも焦ってしまうもの。でも焦って結婚することほどリスクの高いことはありません。結婚を焦る女性が失敗しないための方法をまとめてみました。


558 views

ある日、ふと気がつく。

友人たちのSNSの投稿内容のほとんどが子供ネタであることに…
休日のブランチに付き合ってくれる人がほとんどいなくなっている…

みんな結婚してるじゃん!

晩婚化がいくら進んでいるとはいえ、焦るときは焦りますよね。でも、焦って結婚することほど後で失敗したと感じてしまうことが多いのです。

結婚で失敗しないために、焦る女性が気をつけたいことを3つのポイントにまとめてみました。

スポンサードリンク

経済的な条件だけで結婚を決めない

既婚女性たちが集まって話をすることの話題の一つが節約。

あそこのスーパーが安いとかあそこの古本屋に行けば子供の絵本が安く買えるとか。未婚女性もどことなく結婚をした友人たちの生活にそれほど余裕のないことに気がつきます。

だからと言って、中小企業の社長の息子であることや大手上場企業に勤めている男性だからと言って「あの人、素敵!」自分に自己暗示をかけるのは絶対にやめましょう。

幸せと思える結婚生活はお金があれば手に入るとは限らないからです。価値観がかけ離れていないか、暴力的な荒々しい性格ではないか。よく確認をするようにしたいものです。

お互いを深く知らないまま結婚を決めない

世の中には付き合ってから結婚までの期間が短い電撃結婚というものがあります。これはタレントやテレビの中での話ではなく、身近にもあることと思います。

でも、お互いを深く知らないまま結婚することほど失敗のリスクの高いことはありません。できれば結婚を決めるまでに相手のことはよく知っておくべきです。

ここは知っておきたい!
  • 生活習慣
  • 仕事は忙しすぎない?ベジタリアンやビーガンではない?自分のライフスタイルとかけ離れている場合は要注意です。

  • 社会習慣
  • 両親との付き合い方や親戚づきあい、友人との関係などに自分の理解を超えた部分がないかチェックしてみましょう。

  • 経済水準
  • これが全てではないですが、結婚したい相手の年収が低すぎるのであれば相当な覚悟が必要です。

  • 性格
  • 人間はケンカした時や酔っ払った時などに本性が出ます。わざとケンカする必要はないですが、相手が感情的になった時はよく見ておきましょう。

  • 結婚観と家族観
  • どんな夫婦でいたいのか、どんな家庭を築きたいか。これを話し合うことはマストです。世の中には子供が欲しくない男性もいるのですから。

今の彼を逃したら…と思わないようにする

これは結婚を焦る全ての女性がやってしまいがちな考え方。

30歳を超えてくると、男性との出会いが恋愛に発展し、じっくり関係を深めていくというプロセスを踏む心の余裕やパワーがなくなってしまうからです。

もちろん今、目下お付き合いしている彼氏を大切に思う気持ちはとても大切です。でも、今の彼氏を逃さないことに意識を集中しすぎるともっと素敵な男性とのチャンスを逃してしまう可能性も高まってしまいます。

そして、一番恐いのが離婚に繋がってしまうような彼氏の過激な気性や普通ではない性格の部分を無理に前向きにとらえてしまい、見て見ぬ振りをしてしまうことです。

付き合い始めは「あばたもえくぼ」で何でも愛おしく感じていた部分が、結婚すると「あばたはあばた」になります。それどころかあばたがひどくなって膿を出し始めるかもしれません。

「今の彼を逃したら」という動機で結婚を考えることは判断ミスの助長にしかなりません!

結婚はなぜするか改めて考える

結婚を焦らないためにも、しっかり持っておきたいのが結婚をする理由です。それはもちろん幸せのためですよね?

では、結婚してどうなったら幸せなのか少し具体的に考えてみましょう。

子供は何人で、主人とはどんな関係で、休日は家族でどう過ごしているのか。60歳になった時、どんな夫婦でいたら素敵だと思えるのか。そのためには彼の仕事がどのような形態で、どれくらいの年収がなければ自分の理想の実現はできないのか。

人生はあなたのものです。あなた自身がしっかりイメージを持って理想に向かって進んでいかなければ誰も代わりにはしてくれません。

結婚に対するしっかりとした根っこを持っていることで、焦って結婚をしてしまうことにもブレーキをかけることができます。

しっかり自分の意識を持って判断をして、幸せな結婚をつかんでください!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします

アクセスランキング