別れた後が気まずい!職場恋愛が終わった後の正しい振る舞い方は?

職場恋愛でもっとも気まずいのが、別れた後。極端に避けるのは良くないし、だからと言ってすぐに転職…というわけにもいきませんよね。職場恋愛で別れた後に少しでも気まずい空気を流さないためにも、まずは正しい振る舞い方について学んでおきましょう。


332 views

職場恋愛がうまく行っている時は、毎日彼といられる♡ということもあってすごく楽しくて仕方がありませんよね。

しかしどれだけ仲が良くても、たとえ同じ職場にいようとも、別れてしまう時は別れてしまうのが恋愛というものです。

とくに職場恋愛は、別れた後が一番気まずい時。

職場で平静を装うのは非常に辛くてしんどい時もありますが、正しい振舞いをすれば気まずさも軽減します。

どんな振る舞い方をすれば気まずくならないのか?その方法をご紹介します。

スポンサードリンク

仕事をしっかりこなす

hanamoco_02
photo credit:すしぱく

職場恋愛が終わると、必ずと言っていいほど支障をきたすのが仕事です。

人間は心理的に何か大きな不安を感じると、これまでこなせた仕事すらも上手にこなせなくなってしまいます。

その反面、気分が盛り上がっている時ほど仕事の成果もグンと上がるのが人間というものです。

失恋したあと、仕事に身が入らなくなってしまうのはどんな人でも一緒。しかし恋愛は恋愛仕事は仕事と割り切ることが大切です。

私も経験しているから言えることなのですが、仕事に精を出すと失恋の辛さが次第に和らいでいきます。集中しなければならないことが増えると、嫌なことが嫌じゃなくなってくるんです。

しかし失恋ばかりに目を向けてしまうと、いつまでも仕事の能率が上がりません。それどころかミスも増え、仕事が適当になってしまう分やり直し作業も増えてしまいます。

別れた後に相手が後者のような状態だと、あなたならどう思いますか?

正直「そんなあからさまに仕事へ影響出さないでよ…」と思うのではないでしょうか。

どんな別れ方をしたにせよ、仕事は仕事、失恋は失恋と割り切ることが大人のやり方です。どうしても辛い時は、1~2日くらい休暇を取ってから出社するのもありでしょう。

挨拶は交わす

hanamoco_03
photo credit:すしぱく

職場恋愛で別れた後に絶対やってはいけないことが、挨拶を無視することです。

学校のような場所でならまだ許せる範囲ですが、職場では決してやってはいけません。

相手と恋愛関係にあったとしても、所詮はお互いに他人であり、ただの仕事仲間です。

別れた後は相手を「同じ職場の人」と割り切ることが大切であり、これまでのように挨拶を交わすのが大人のやり方でもあります。

これまで挨拶をふつうに交わしてきた二人が、急に挨拶すらもしなくなったら周りはどう思うでしょう?明らかに不思議がられてしまいますよね。

たとえ会話をする心境になくても「おはようございます」「お疲れ様です」などの挨拶だけは交わすようにしましょう。

笑顔でいることを心がける

hanamoco_04

別れた後も毎日顔を合わさなければならないのが、職場恋愛が終わったあとの最大のデメリットです。

気持ちの整理がつかないまま相手と同じ環境で仕事をしなければならないというのは、本当に辛くて仕方がありません。

本当に辛くて気持ちが動揺してしまうからこそ、できるだけ笑顔でいることを心がけるようにしましょう。これが気まずさを軽減するためのコツです。

え?矛盾してるんじゃない?と思われそうですが、実は笑顔でいると気持ちの整理がつけやすくなるメリットがあります。

最初は無理に笑顔をつくろうとするといろんな感情がこみ上げてきて涙が出てきてしまうのですが、何度も笑顔をつくっていると慣れてくるものです。

逆に、ず~っと暗い表情をしていると気持ちまでどんどん沈んでいくので要注意。しかも周りの人に「何かあったの?」と必要以上に心配されてしまうので気をつけましょう。

別れた後に多少辛くても、笑顔でいることのできる人は「さすが大人だな!」という印象を持ってもらいやすくなります。

別れたことを社内で言いふらさない

hanamoco_05
photo credit:すしぱく

これまで社内恋愛を秘密にし続けていた人もそうじゃない人も、別れたことを社内で言いふらすのはNGです。

社外の男性との交際が破局した場合はネタにしても構いませんが、基本、社内恋愛の破局を社内で言いふらすのは良くありません。

わざわざ自分から「別れたんだよね」と言いふらす必要はないということです。

あなたが社内の男性と別れたという事実は、その会社の中で最大のうわさ話のネタになります。これまで二人の交際を知らなかった人にまで話しが行き渡ることもあるでしょう。

そうなると大抵、どちらか片方が悪者扱いされるようになります。

別れたのには必ず原因があるのだから、その原因を周りの人は憶測でつくり上げていきます。

すると根も葉もない噂を立てられるようになり、影で「〇〇さんってやっぱり性格悪いからね~振られて当然!」などと噂されるようになるかもしれません。

別れた腹いせに!と相手を悪く言ったりすることも絶対にNGです。

二人の関係、そして周りの人たちとの関係を穏便に保つためにも、別れたことを自ら公表しないようにしましょう。

相手を避けない

hanamoco_06
photo credit:すしぱく

別れた後、あきらかに相手を避けるようなことはしないようにしましょう。

これもまた、社内で二人の関係や周りの人たちとの関係を穏便に保つためのルールと言えます。

いろんな感情がこみ上げてきて、つい相手を避けたくなる気持ちは痛いほど分かります。

しかし避けてしまえば相手の気分を害するだけでなく、周りの人たちにも気を遣わせてしまうことになるので注意が必要です。

二人の関係を知らなかった人でさえも「あの二人、何かあったの?」と不自然に思い始めるでしょう。

あまりにも二人の空気が悪いと仕事に影響を及ぼしてしまうので、最悪、上司からお呼び出しを食らうこともあるかもしれません。

感情むき出しにして相手を避けるのは子どものやることです。

職場では感情を出さずに平静を装う、これが大人のやり方です。

休日を利用して気分転換する

hanamoco_07
photo credit:すしぱく

職場では毎日のように別れた相手と顔を合わさなければならないのだから、せめて休みの日ぐらいは思い切って自分を甘やかしてあげましょう。

休日にまで神経を張り詰める必要なんてありません。心身ともに疲れ切ってしまうだけです。

ただし気分が暗くなるようなことだけはしないようにして下さい。

ここで一気に気分が落ち込むようなことをしてしまえば、上手に気分をリフレッシュさせることができません。

休みの日は、自分が心から楽しいと思えることをどんどんトライしましょう。

美味しい物を食べる、旅行する、ショッピングをする、散歩する、映画鑑賞をする、友達と遊ぶなど、なんでもOKです!

こうやってストレスを発散させてあげることが、別れた傷を癒してくれます。

「彼氏と別れたって自分は十分幸せなんだ!」と思えるようにすることが、職場恋愛で気まずい雰囲気をつくらないためにも欠かせません。

気まずい雰囲気は心で勝手につくっているだけ

別れた後に気まずくなってしまうのは、相手に対して特別な感情を持っていたからに過ぎません。

しかしここは「相手はただの同僚(あるいは同じ職場の人)」と割り切ってみてはいかがでしょうか?

こう思えるまでには時間がかかるかもしれませんが、割り切ることができれば自然と気まずさなんて無くなります。

つまり気まずい雰囲気というのは、自分達の感情で勝手に作り出しているだけのことなのです。

感情をしっかりコントロールできるようになれば、気まずい…といった雰囲気を作り出さずに済みますよ!

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします

アクセスランキング