結婚したいけど子供はいらない!彼に正直な気持ちを伝える方法は?

今、子供を作らない夫婦が増えています。でも実際に女性から男性に子供がいらないことを伝えることは非常に難しいです。男性が自分の理想とかけ離れた考えを持つ女性とはこれ以上付き合えないと思うかもしれません。子供はいらないと思う女性が男性に気持ちを伝えるコツをご紹介します。


476 views

最近、日本ではどんどん晩婚化が進んでいます。またそれと同時に一生独身で過ごす人や結婚しても子供を作らない夫婦が増えています。

「結婚したいけれど子供はいらない」そう思い男性にどうやって伝えるべきか悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。

男性の多くは子宝に恵まれた幸せな家庭像をイメージしています。そんな相談をすると男性の機嫌を損ね、価値観の相違から破局に至ってしまうかもしれません。

結婚したいけれど子供はいらない気持ちをどう伝えればよいのでしょうか。

スポンサードリンク

自分の考えを整理しておく

photo credit:Wendelin Jacober

まずは自分の中で考えをよく整理しておくことは必須です。自分としてはどういう夫婦のスタイルが幸せだと感じているのか。

こんな風にまとめてみよう
今、勤めているエステサロンでの仕事を続け、5年後までには独立したい。できれば複数の店舗を展開して若いスタッフを育ててみたい。そんな今の激務に耐えるために彼氏の存在はとても大きな癒しと力の源になっている。社会を良くしようと仕事に燃える彼氏からは大きな刺激も受け、お互いに成長できていると感じる。だから結婚はしたい。そしてお客様や社会に奉仕することを自分の人生における幸せにしたい。

男性は「在り方」を大切にするところがあります。女性はついついフィーリングで物事を考えてしまいがちなので、伝える前にしっかりと整理をしておきましょう。

そしてこの例のように何か高尚な志のようなものがないといけないなんてことはありません。今の自分に子供を育てる自信がなくてもいいんです。2人の時間を慎ましやかに楽しむ人生も素敵な人生の形です。

理由は具体的に伝える

photo credit:Ed Yourdon

女性はいつもフィーリングが先行してしまいがち。「子育てよりも仕事の方がワクワクするし、自分がキラキラすると思う」と言っても男性にはうまく伝わりません。

具体的に伝える時のポイント
  • 子育てに使う時間で何をしたいのか
  • 子供を産める年齢の間になぜそれをしなければいけないのか
  • 自分にとっての彼氏の存在の具体的な価値
  • お互いが一緒にいると良いと思う部分

男性は女性に比べて論理的に考えることができるタイプが多い傾向にあります。自分の中でちゃんと考えを整理できていればきっと思いは伝わるでしょう。

感情的な言葉で返さない

photo credit:Mirøslav Hristøff

女性から男性に対して「子供はいらない」と伝えた時、多くの場合では男性から感情的な言葉が返ってくるでしょう。

男性の多くは幸せな家庭像というものを頭に描いており、もちろんその中には子供の存在が入っていることがほとんどです。なので、女性が子供を欲しがっていないことを伝えることは男性のロマンを否定したことになり、男性は自分の人格を否定されたような気持ちになります。

これを事前にちゃんと理解しておいて「売り言葉に買い言葉」にならないように気をつけましょう。

子供のいるいらないの話は2人の将来への道を簡単にシャットアウトしてしまいます。つまり簡単に破局に至ってしまう可能性があるということです。

期待させないようにしつつ可能性は残す

子供が欲しくない気持ちは一生続きそうですか?まだ自分自身が変わる余地があると思えませんか?

仕事でもっとキャリアを積みたい。独立して事業をしてみたい。子供に全く興味がわかない。そう思っている自分の気持ちも変わる可能性がゼロではないと思えるのであれば、それも合わせて伝えておきましょう。

ただ期待させるのは禁物。逆に辛い思いをさせてしまうかもしれません。期待はさせないようにしつつ可能性を残すことで彼氏にも彼女のことを理解して待ってあげようという気持ちの余裕が生まれることがあります。

社会通念に自分らしさを合わせなくていい

子供が欲しくないことを打ち明けた時、彼氏からは「ちょっと気持ちが理解できない」と言われ、友人からは「子供はできたらできたで可愛いよ」と言われ、親からは「女の幸せを分かっていない」と言われる。

だんだん自分が変で、間違っていて、社会からはみ出しているような気持ちになるかもしれません。

でも欲しくないものは欲しくないでいいんです。無理に社会通年に自分を合わせる必要はこれっぽっちもありません。

人生の幸せの形は自分で決めたことが正しいのです。

自分の気持ちともう一度きちんと向き合って考えを整理して、誠実に彼氏と話し合ってみましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします

アクセスランキング