彼氏と別れたい…。別れ話をするのに最適な場所や切り出し方って?

彼氏に別れ話を上手に切り出すためには、場所や時間帯を考慮することはとても大事。ただ「別れたい」と伝えるだけよりも、場所や時間を考慮することで未然にトラブルを防ぐこともできます。そこで、最適な場所や時間についてお話していきましょう。


825 views

彼氏と別れたい…。けど、どうやって別れを切り出したらいいか迷っていませんか?

別れを告げられる方もつらいけど、切り出す方もとても神経を使うのでつらいものです。

少しでも別れ話を円満に済ませるためには、実は場所切り出し方が大きく関係してきます。これ、意外と知らない方も多いですよね。

そこで、悩める女性たちのために、別れ話を切り出すのに適した場所や切り出し方についてお話ししましょう。

スポンサードリンク

ただ別れを切り出すだけではダメな理由

hanamoco_02

別れを切り出したことがない人には分かりづらい心理かもしれませんが、別れを切り出す側もかなり精神的につらいものです。

だから少しでも心の負担を軽くしようと、相手の都合などを考えずに自分の都合のいい方法で別れを切り出す人も多いですよね。

しかし、それが後々トラブルになる可能性が高いことをご存知でしょうか?

別れ話はとってもデリケート。別れ話をされて楽しい気分になる人って、まずいませんよね。

どちらかというと悲しくなったり怒りが溢れてきたりなど、つい感情的になりやすいのが別れ話です。

そんなデリケートな話を、LINEやメールなどで簡単に告げるのはなんだか良い切り出し方とは言えません。

お互いにもう別れた方がいいと分かっている場合なら、場所や切り出し方を深刻に考えなくてもいいでしょう。

しかしそうじゃない場合、相手が少しでも冷静でいられるような環境の中で別れを切り出すのが賢明と言えます。

なぜなら、別れ話を切り出された側は感情的になりやすくなるので何をし出すか分からないからです。

その点を踏まえながら、別れを切り出すのに最適な場所と切り出し方をご紹介していきます。

別れを切り出すのに最適な場所

hanamoco_03

まず、別れを切り出すのに最適な場所についてです。別れ話というデリケートな話をするからこそ、どちらかの部屋や車の中、つまり密室でと考える人も多いでしょう。

たしかに人目がつかない場所、話を聞かれにくい場所は別れ話をするには絶好の場所です。

しかし密室は、別れを切り出された側を感情的にさせやすくしてしまうので気をつけましょう。

誰にも見られていない分、誰にも聞かれていない分、なんでも思いのまま話し合えるメリットはあります。ですがそれは時として冷静さを失わせてしまい、別れ話をこじれさせる原因にもなるのです。

じゃあどんな場所ならいいのか?一番身近な場所としておすすめなのは以下の3点です。

1.カフェやレストラン

hanamoco_04
photo credit:paris terrace

カフェやレストランで別れ話はちょっと…と思うかもしれませんが、実は意外にも話しやすいのでおすすめです。

なぜなら店内は音楽や人の声で賑わっていることが多いので、お互いに気が紛れて話しやすくなるから。

それに人の目があると、冷静さを保とうという気持ちに不思議となれるものなんです。

ただし、あまりにもガヤガヤしすぎたり静かすぎるお店はNG。かえって別れ話に集中しづらくなるので、適度に賑わってるくらいが丁度いいでしょう。

2.公園

hanamoco_05
photo credit:Novembre_0012

公園も別れ話を切り出すのには最適な場所です。

できれば人の出入りもあって、明るい気分になれるような公園がいいですね。自然が多めだと尚良しです。

公園は気持ちが落ち着く場所でもあるし、開放的なので思っていることを素直に打ち明けやすくなります。

ただし、どよ~んとした公園だと気持ちが暗くなるので注意。重い空気になりやすくなってしまうので、相手を取り乱してしまう可能性が高くなります。

3.道端(ベンチなどに座りながら)

hanamoco_06
photo credit:front seat to magic

そこら辺にあるベンチに座りながら別れ話を切り出すのも悪くありません。向かい合って話すよりも、横に並びながら話した方が話しやすいというメリットがあります。

それに室内で座って話すよりは、だいぶ落ち着いた気持ちで話せることは確かです。

ふつうの道端では気が引ける場合は、どこか見晴らしのいい場所へ行くのもおすすめですよ。

別れの切り出し方

hanamoco_07

どこで別れを切り出そうか決めたら、あとはどんな風に切り出すべきなのかを考えましょう。

切り出し方として大事なポイントは、ちゃんと別れたい気持ちを最初に伝えること。

「別れたい」というその気持ちをダラダラと後延ばしにしてしまうと、彼は「本当は別れたくないのでは?」と誤解してしまい兼ねません。

そして別れたいという言葉をちゃんと伝えることができたら、あとはその理由を伝えましょう。

ただしこの時に、理由を明確にしてハッキリ伝えることが大事。相手が傷つくのでは?と思って遠回しに理由を述べたりしてしまうと、彼は淡い期待を抱き始めます。

たとえば「〇〇くんは本当にいい人だから別れようかすごく迷った」といったセリフは良くありませんね。

彼に少しでも復縁を期待させるような言い方をしてしまうと、別れ話に決着がつきにくくなるので気をつける必要があります。

そして別れたい気持ちをしっかり伝えることができたら、最後に感謝の気持ちを伝えましょう。「今まで本当にありがとう」と。

これを言われた側は「本当にこれが最後なんだなぁ」という実感がわいてくるので、別れを受け入れやすくなります。

別れの切り出し方ポイント
  • 「別れたい」という言葉をなるべく最初に切り出す
  • 別れたい理由を明確にする
  • 迷いを見せない
  • 感謝の気持ちを伝える

別れの切り出し方ひとつで、相手の受け止め方が大きく変わります。くれぐれも相手に期待を抱かせないようにだけ気をつけましょう。

相手のことを考えてハッキリと別れ話を切り出そう

別れ話は、切り出す方も切り出される側もとてもつらいものです。

相手がちゃんと別れを受け止めてくれるタイプの男性ならいいのですが、そうじゃない場合、とても面倒なことになってしまうパターンも考えられます。

本当はお互い良い関係で終われたはずが、ギクシャクしてお互いを憎むようになってしまった…という結末だけは迎えたくありませんよね。

そうならないためにも、変に優しくしてしまうのは逆効果。

オブラートに包まず、相手のことを考えてハッキリと別れを切り出すようにしましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします

アクセスランキング