喧嘩中の彼氏と仲直りしたい!関係を修復する方法やタイミングは?

彼氏と喧嘩をしたあとに一番困るのが、仲直りの方法とタイミング。関係を悪化させたくないからこそ、慎重に仲直りをして関係を修復させたいものですよね。彼と仲直りしたい…と悩める女性たちのために、知っておきたい方法とタイミングをご紹介します。


780 views

喧嘩はしたくないはずなのに、ついつい喧嘩してしまうカップルたち。

喧嘩の発端はカップルそれぞれ異なりますが、大抵は些細なことが原因

原因は小さくてどうでもいいことだらけなのに、一旦喧嘩が始まると大事になって関係にヒビが入ってしまうこともありますよね。

そんなこんなで、現在彼氏と喧嘩中のみなさん!仲直りをしたいけど、どうやって関係を修復したらいいのか困っていませんか?

そんな悩みを持ったみなさんのために、喧嘩中の彼と仲直りするための方法やタイミングをご紹介していきます。

スポンサードリンク

方法① まずは気持ちを落ち着かせる

hanamoco_02

喧嘩した後はどうしても感情的になっているので、まずは気持ちを落ち着かせることが大事

なぜなら気持ちが落ち着かないのに、これからご紹介するいくつかの方法を実行しても意味がないからです。

気持ちを落ち着かせることは彼と仲直りをするために必要不可欠なことであり、あなた自身の考えや気持ちをまとめるためにも欠かせないこと。

感情的な気持ちが残ったまま仲直りをしようと思っても、話しの最中にイライラし始めたり、過去の嫌なことをあれこれ掘り返しては再び攻撃してしまうことになり兼ねません。

つまり気持ちを落ち着かせることができなければ、何をしてもうまくいかないということです。

方法② 自分の非を認める

hanamoco_03

どんな喧嘩も、100%相手が悪いというのはほぼあり得ません。

少なからずあなたにも落ち度がある場合だってあるし、あなたが気づいていないだけで彼を傷つけるような言動を発した可能性だってあります。

もちろん彼がお金を盗んだとか、彼が急に物を投げ出したなどと言った、明らかに彼に問題がある場合は除きます。

そうじゃない限り「どう考えても彼が悪いんだ!」と決めつけてしまうのは、あなたが自分の非を認めないことと同じになります。

プライドの高い人ほど自分の非を認めにくい傾向があるので、そんな要らぬプライドは捨て、自分に落ち度がなかったかしっかり確認するようにしましょう。

すると、仲直りする時に「私も悪かった」「自分のことしか考えてなくてごめんね」と素直に謝ることができます。

方法③ 反省してる態度を見せる

hanamoco_04

喧嘩した後に、相手が何食わぬ顔でヘラヘラしていたらあなたはどう思いますか?

はっきり言って、不愉快ですよね。「自分が悪いなんてこれっぽっちも思ってないのでは?」と疑いの目を持ち始めます。

それは彼も同じ。もしあなたが反省の色をこれっぽっちも見せていなかったら、彼は「あの態度はなんだ?」と余計にイライラしてしまうでしょう。

たとえ彼に会えなくても、反省しているかどうかは伝わるものです。

最近はSNSサイトでお互いの様子を知ることだってできますし、共通の友人等がいれば彼らからの情報であなたの様子を知ることだってできますからね。

ですから、いくら彼が見ていないからといっていい加減な行動はしないこと。反省している様子が伝わるだけでも、彼に「ごめんね」の気持ちが伝わりやすくなります。

方法④ 彼の気持ちを聞いてあげる

hanamoco_05

仲直りをしたいからといって、彼にあなたの考えや気持ちを一方的に話すのは良くありません。

反省してる気持ちを伝えたいのは分かります。しかし上手に仲直りするためには、彼の気持ちもしっかり聞いてあげることが大事です。

もし彼の気持ちを聞かずに仲直りしてしまうと、なぜ彼が怒ったのかなぜ彼があなたを怒らせたのかなどの明確な理由が分かりません。

つまりこれは、再び同じことで喧嘩をしてしまう原因を作り出してしまうことにつながります。

彼だって本当は喧嘩をしたくなかったはず。しかしどうしても譲れない何かがあったり、ついカッとなってしまった原因が必ずあったわけです。

彼の気持ちをしっかり聞いてあげることで再発防止にも役立ちますし、何より変なわだかまりを残さず仲直りすることができます。

方法⑤ 何が不満だったか冷静に話す

hanamoco_06

喧嘩をするということは、お互いに何か気に食わないことがあったが故に喧嘩している場合がほとんど。

相手の価値観を受け入れられなかったり、相手のクセを受け入れられなかったり、相手の態度にカチンときたりなど、よくよく考えれば本当に些細なことだらけです。

彼と上手に仲直りし、その後円満に交際を続けていくためには、何が不満だったのかをお互いに話すようにしましょう。

これをクリアできなければ、必ずまた同じことで喧嘩します。

あなたにとっては耳の痛いことでも、彼が不満に思っていたことをしっかり聞くようにして下さい。そしてあなたも、何が不満だったのかを彼に説明してあげましょう。

すると意外にも「え?そんなことで怒ってたの?」という事実が発覚して、それが笑い話になったりもするものですよ。

方法⑥ 素直に「ごめんね」と伝える

hanamoco_07

以上のことができたら、あとは素直に「ごめんね」と伝えましょう。

この時に「私は自分のことしか考えてなかった」「ちゃんと理解してあげられなくてごめんね」といった、気の利いた言葉を添えるといいでしょう。

実はこの「素直に謝る」ということがなかなかできなくて、喧嘩を長引かせているカップルが多いです。きっと意地の張り合いもあるんでしょう。

しかし喧嘩を長引かせてもいいことはありませんので、できるだけ早く素直に謝れるよう心がけて下さい。

あなたが心の底から本当に申し訳ないと思っていれば、必ずその気持ちは彼に伝わりますよ!

仲直りはできるだけ早い方がいい!

hanamoco_08

喧嘩している期間は、あまり長くならないようにすることが大事。

長引けば長引くほど仲直りしにくくなってしまい、最悪「お互い離れている方が心地いいのでは?」と思ってしまう原因にもなるので気をつけましょう。

もちろん喧嘩してすぐに仲直りしようと思っても無理がありますが、ある程度冷静になれた2~3日後くらいには仲直りしておきたいものです。

このくらいだとお互いに冷静な気持ちになれているため、比較的スムーズに仲直りすることができます。

素直になり、そして冷静になることが大事!

喧嘩した相手と上手に仲直りするためには、まず素直になること。素直になることができなければ、円満に仲直りすることはかなり難しいです。

そして冷静になることも、彼との関係を悪化させないために大事なこと。そもそも感情的になっても、いい話し合いをすることができませんからね。

少しでも早く彼と関係を修復するためにも、まずはあなたが一歩大人になってみましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします