連絡が取れない!喧嘩後に彼氏と音信不通になった時の対処法は?

彼氏と喧嘩したあとの音信不通って嫌ですよね。このまま別れてしまうんじゃないか?という焦りも出てきてしまいます。音信不通という最悪な状況をさらに悪化させないためにも、まずはここで音信不通になった時の対処法を学んでおきましょう。


1,091 views

あれ?彼氏と連絡が取れない?

突然の音信不通というよりも、彼氏と喧嘩した後の音信不通に悩まされる女性は少なくありません。

原因は「喧嘩」だって分かってはいるものの、突然音信不通にされるとどうすればいいのか分からなくなりますよね。

ケンカ後の音信不通にはどのような態度をとるといいのか?

今の状況を悪化させないためにも、上手な対処法を身につけて実行してみましょう。

スポンサードリンク

1. 冷静になる

hanamoco_02

音信不通でもそうじゃなくても、誰かと喧嘩をしたあとは必ず一旦冷静になりましょう。

この「冷静になる」ということができない人ほど、喧嘩後の人間関係をさらに悪化させてしまいます。

とくに彼氏との喧嘩は友達との喧嘩よりも感情が入りやすいので、喧嘩後もしばらくはほとぼりが冷めないことの方が多いです。

そんな気持ちのまま彼氏とコンタクトをとっても、また同じ言い合いを繰り返して喧嘩になってしまうのは目に見えてますよね?

ひとまず気持ちを落ち着かせることで投げかける言葉も変わるし、相手の気持ちを考えられる余裕も出てきます。

そして何より、冷静になることで「私言い過ぎたな」とか「私があんなことしなければ良かったんだ」という反省をする気持ちも生まれてきます。

喧嘩をするということは、必ず何かしら原因があるから喧嘩をするのです。

その原因を見つけ出せない限りは、彼氏と仲直りしても再び同じことで喧嘩してしまうので気をつけておきたいところです。

2. 素直に謝罪する

hanamoco_03

たとえ彼が100%悪いとしても、ここは一歩大人になってあなたから謝ってみましょう。

人は「相手が悪い」と思ったら、そう簡単には自分から謝罪することができません。なぜならプライドもあるし、悪いのは相手なのだから自分は謝る必要はないと思っているからです。

しかし、ここであなたの方から「いろいろと言い過ぎちゃってごめんね」と切り出してみましょう。

「私の方から謝るなんて悔しい!」と思うかもしれません。

でもここは先に謝った方が大人です。

もちろんあなたに非がある場合は、必ずあなたの方から先に謝るよう心がけて下さいね。

謝り方は直接会ってでもいいし電話でもいいですが、音信不通の場合はこの2つになかなか応じてくれない場合もあります。そんな時はメールやLINEで謝罪するようにしましょう。

ただし長い文章で謝罪するのではなく、要点を絞った短い文章で謝罪するようにして下さい。

3. 自分の悪い癖を改善する

hanamoco_04

喧嘩には必ず原因があります。

その原因は彼氏側にあるのか、それともあなた側にあるのかは、きっと当人同士にしか分からないでしょう。

しかしカップルの喧嘩というのは、思いのほか他人から見ればどうでもいいことが原因になっている場合がほとんどです。

「彼氏ってそんな癖あるの?」「あなたってそんなことで怒るの?」と周りから言われてもおかしくないようなことで喧嘩していることが多いんです。

だから今一度、あなたはあなたなりに自分の悪い癖を見つめ直して改善するようにしてみましょう。

たとえばちょっとしたことで怒りやすいとか、なんでもネガティブに考えてしまうなどの癖があれば、そういう癖を改善していく必要があります。

もしあなたが細かいことを気にしない人だったら、彼氏と喧嘩してこうやって音信不通になることを防げたかもしれません。

もし捉え方をポジティブにしていれば、彼氏と喧嘩しなくても済んだかもしれません。

必ずしも100%彼氏に原因があるとは限らない、ということを覚えておくといいですよ。

4. 冷却期間をおく

hanamoco_05

喧嘩後に冷却期間を設けるのは、一番賢い方法と言えます。

冷却期間は冷静になるために必要な時間でもあり、自分の悪かったところを見直すいい機会にもなるからです。

この冷却期間を無視して彼に連絡攻撃してしまうと、彼氏は間違いなくうんざりしてしまうので気をつけて下さい。

音信不通にしてしまうということは、彼の中で相当ネガティブな感情が渦巻いているのは確かです。怒りややるせない気持ち、あなたに認めてもらえなかったことの悔しさなど様々でしょう。

そんな状態の彼に無理やりコンタクトをとっても、まともな仲直りができるはずがありません。

仮にあなたに原因があった場合、1~2日で反省できるのか?と彼は疑ってしまってもおかしくありませんよね。

喧嘩の度合いにもよりますが、短くても1週間、長くても1ヶ月は冷却期間をおくのが賢明と言えるでしょう。

5. 自分のことに集中する

hanamoco_06

彼の音信不通にばかり執着していると気が滅入ってしまうので、ここは一度頭から切り離して自分のやるべきことに集中しましょう。

自分の至らなかった点を反省しながら、仕事や趣味、友達との時間などを有意義に過ごすのです。

家でただボーっと彼のことばかりを考えていると、喧嘩のことや音信不通のことで頭がいっぱいになります。

するとネガティブなことしか考えなくなるので、つい彼にアクションを起こしたくなってしまうのです。

しかし日頃から気持ちがしっかりと満たされていれば心に余裕が出るので、つい余計なことを言ってしまう、つい余計なことをしてしまうといったことを防ぐことができます。

自分が集中できることなら何でもいいので、まずは自分の気持ちをプラスの感情で満たして心に余裕をつくりましょう。

音信不通をうまく利用して彼と仲直りしよう

「音信不通」というだけで嫌な気分になってしまいますが、ここは音信不通をうまく利用して彼と仲直りしてみましょう。

音信不通=彼と仲良くやっていくために与えられた大切な時間と捉えるのです。

彼とコンタクトがとれない時間をどう利用するかで、上手に仲直りできるかどうか?仲直りした後にうまくやっていけるか?が決まります。

仲直りは一時的なアクションにしかすぎません。

その後彼と再び同じことで喧嘩しないよう、音信不通になっている間にいろいろと見つめ直して気持ちを切り替えてみましょう。

スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Vimoreの最新情報をお届けします

アクセスランキング